墓じまいをするときは家族や親戚と話し合ってから考えよう

墓じまい

墓じまいで終活を考えよう

お墓は唯一死者との語らいの場でもあり、昔から日本では当たり前にあり祀られてきました。というのも家族の中心となる家長が必ずおり、代々途絶える事なく後世への受け継ぎが守られてきておりました。しかし核家族など家族形態の変化や、人口の都市化などにより後継者のいない親世帯が増えた結果、墓守がいなくなるいわゆる墓じまいが始まりました。
先祖代々の墓を終わらせる。心情的にもそうは簡単に決断できない事は察しがつきます。親類縁者の合意や、移転するとなれば菩提寺との関係もあります。では、終わらせる事が出来ないお墓はどうなるのでしょうか。何年も墓参りに行ってない、行く人がもういない管理費の未払いの無縁墓は実際あり多くあり少子化の影響もあり増加傾向です。
これらの墓は法律の下、管轄の役場で無縁墓と認定されれば撤去に至ります。しかし無縁墓は昔から既にあり、荒れ果てた墓も目にする事はありました。
今、墓じまいという言葉と現象がメディアによって世に知れ渡り、他人事ではなく考えなければならない事としてフォーカスされてます。いずれは途絶え撤去される墓と明確であれば無駄に決断を先延ばしにせず、放置せずに本当の終活として考える必要があるのではないでしょうか。

Notice

墓じまいで終活を考えよう

お墓は唯一死者との語らいの場でもあり、昔から日本では当たり前にあり祀られてきました。というのも家族の中心となる家長が必ずおり、代々途絶える事なく後世への受け継ぎが守られてきておりました。しかし核…

more

時代の流れと墓じまい

時代の流れで価値観が変化していくと、自分たちの所属する「家」についての概念や、一族が埋葬されるお墓に関する概念もどんどん変わっていくことになります。昔は子供のころから同じところに生まれ育ち、就職…

more