墓じまいをするときは家族や親戚と話し合ってから考えよう

墓じまい

時代の流れと墓じまい

時代の流れで価値観が変化していくと、自分たちの所属する「家」についての概念や、一族が埋葬されるお墓に関する概念もどんどん変わっていくことになります。昔は子供のころから同じところに生まれ育ち、就職や結婚も同じ土地で済ませる人が大半でした。しかし、上京してそのまま就職や結婚をして、地元から離れた土地を生活の拠点をする人が増えてからは、自分や親が将来入るお墓についての考え方も変化していったのです。
墓じまいは、簡単に説明すると、自分達では管理することが難しくなったお墓を処分してしまうことです。この流れは、団塊ジュニアと呼ばれる世代が定年退職してから強まっていったと言われています。地元で誰も管理する人がいないお墓を処分して、自分の住んでいる場所に近い墓地に埋葬し直したり、永代供養に切り替える人が増えています。
実際、無縁墓の増加は問題になっているんですよ。これは、墓の継承が困難になっているという点だけではなく、団塊ジュニア世代の人たちが自分たちの子供が墓を継承する時の負担を少しでも減らしたいという考えもあってのことです。生涯未婚率が高まり、自分だけではお墓の管理が難しいという人も墓じまいを検討する傾向があります。

Notice

墓じまいで終活を考えよう

お墓は唯一死者との語らいの場でもあり、昔から日本では当たり前にあり祀られてきました。というのも家族の中心となる家長が必ずおり、代々途絶える事なく後世への受け継ぎが守られてきておりました。しかし核…

more

時代の流れと墓じまい

時代の流れで価値観が変化していくと、自分たちの所属する「家」についての概念や、一族が埋葬されるお墓に関する概念もどんどん変わっていくことになります。昔は子供のころから同じところに生まれ育ち、就職…

more