墓じまいをするときは家族や親戚と話し合ってから考えよう

墓じまい

墓じまいをするときはきちんと話し合おう

店じまいという言葉はよく聞いたことがあると思いますが、「墓じまい」という言葉はどうですか。最近ではよくテレビなどで聞かれることも多くなってきたと思います。墓じまいとは読んで字の如く墓を仕舞う、おしまいにすることです。檀家などの経済的負担などや、少子化、そして核家族化などで親と離れて暮らす家族が増えてきています。
そうなると自分達が眠ることになる墓を管理することのできる人がいない、ということで墓じまいをする人も増えてきています。 実際に墓じまいを行うときには、まず親戚同士で揉めないためにも墓じまいをしてどのように供養をするのかというのをきちんと話し合って確認しあっておくのが良いでしょう。
いくら管理をしていないとは言えお墓に入っているかたは親戚のかたにとっても縁者です。なるべく事前に相談しておくべきです。その時に墓じまいのあとの遺骨はどうするか(散骨、永代供養、納骨堂、自宅供養等)、祭祀継承権(墓の管理者、年忌法要の主催者)は誰なのかをきちんと決めておきます。
そして墓の管理者に墓じまいをすることをきちんと連絡した後、市区町村に改葬許可申請をします(散骨、自宅供養の場合は要りません)。そこまでできたら墓石屋に墳墓撤去を依頼し、更地にした土地を墓地管理者に返納します。以上が墓じまいの流れとなります。

Notice

墓じまいで終活を考えよう

お墓は唯一死者との語らいの場でもあり、昔から日本では当たり前にあり祀られてきました。というのも家族の中心となる家長が必ずおり、代々途絶える事なく後世への受け継ぎが守られてきておりました。しかし核…

more

時代の流れと墓じまい

時代の流れで価値観が変化していくと、自分たちの所属する「家」についての概念や、一族が埋葬されるお墓に関する概念もどんどん変わっていくことになります。昔は子供のころから同じところに生まれ育ち、就職…

more