墓じまいをするときは家族や親戚と話し合ってから考えよう

墓じまい

先祖供養の気持ちを反映させた墓じまいをしよう

本来ならばご先祖様のお墓を守る立場にある子孫が高齢化したり、就職などで地元を離れて生計を立てているが故に、文字通りお墓を終う墓じまいが話題となっています。現状では何らかの形での改葬や散骨などの方法が人気を集めつつありますが、具体的にはどのような墓じまいがあるのでしょうか。
まずご先祖様と近い立場で過ごしたい、或いはお墓という形を残したいという方には、お墓が元あった遠方の檀那寺から離壇し、お近くのお寺の永代供養墓―特に合祀墓などへ改葬するのが最も現実的です。この方法ですと基本的に新規でお世話になる事になったお寺で永代供養してくださる為、ご自身の事も含めて相談しておけばお子さんがおられない方も安心できます。
またお墓に眠っておられるのがご自身のご両親のみなどごく身近な方だけの場合で、更に親族間で即座に話がまとまらず困っているという方は、一旦檀那寺を離壇した後にご自宅の仏壇などでの手元供養の形をとることも出来ます。その際は埋葬後に発生してしまうバクテリアやカビの働きを止めておく殺菌処理が必要となりますので、墓じまい業者さんに相談しておく必要があります。
しかしながら新しいご供養の方法が決定するまでは目の届く場所で供養を続けることが出来ますので、安心できますよ。このように一口に墓じまいといっても、それぞれのご家庭の先祖供養の気持ちを反映させることが出来ます。

墓じまいは無縁墓を増やさないことにもなる

近年、継承者が不在で荒れてしまった無縁墓の増加が社会問題になっています。お墓は土地を購入するというよりは、その墓地の特定のエリアの永代使用権を購入するというシステムなので、無縁墓が多いと墓地の管理者にとっても困ったことになるのです。
無縁墓が増えた背景には、地元と現在の拠点でお墓が複数存在することによる管理の難しさや、少子化などが指摘されていますよね。子供が親の老後の面倒を見るため、自分たちの生活拠点に呼び寄せることで実家が消滅することも墓じまいに繋がっているという見方もあるんですよ。
墓じまいは複数の地域にまたがっているお墓を一か所に集めて改葬したり、永代供養し直すことを指します。墓じまい後は遺骨ペンダントにして手元供養をしたり、海洋散骨をするなど、新しい弔いの形も増えているので、自分たちの負担の少ない方法を選べばいいでしょう。
管理する側にとってはお墓の管理にかかるお金や労力を最小限に抑えることにもなりますし、墓地の管理者からすると無縁墓の増加を食い止めれられるという、双方にとってのメリットがあります。特に墓地の管理者が寺院だと、檀家にならないといけないので、寺院の修繕費など様々なコストがかかるので、墓じまいのメリットは大きいでしょう。

墓じまいするべきかしないべきか

私は姉と二人姉妹です。どちらもお嫁に出てしまいました。なので実家のお墓を守っていく人がいないのです。我が家は女の子の一人っ子です。この子がお嫁に行ってしまえば、我が家のお墓を守っていく人はいません。私は実家と今の家のお墓の墓じまいをするべきか迷っています。
今の家は、とりあえず娘がいて、その娘に選択を託すことも出来るかもしれません。でも相談する姉妹のいない我が子にとって、とても負担になるのではないかと考えています。万が一、養子をとると言うかもしれません。その場合には一旦、今の家の墓じまいについては保留になります。
でも、子供の少ない現在、多額の財産があるわけでもない我が家には可能性の低いものとなります。今の家の墓じまいについてのタイムリミットは娘の結婚が決まったあたりだと考えています。次に実家のお墓の墓じまいです。
ありがたいことに、現在でも両親は健在なので今すぐなんとかしなくてはいけない状態ではありません。しかし、長男だった父、一人っ子だった母、二件分のお墓の管理があります。これを我が子や、姉の子に託すべきなのか。大好きなおじいちゃん、おばあちゃんのお墓なので、だれかは首を縦に振ってくれるかもしれません。本人も知らない子孫に墓じまいされるのはどうなのでしょう。いずれにしても私が判断するほかなさそうです。

Notice

墓じまいで終活を考えよう

お墓は唯一死者との語らいの場でもあり、昔から日本では当たり前にあり祀られてきました。というのも家族の中心となる家長が必ずおり、代々途絶える事なく後世への受け継ぎが守られてきておりました。しかし核…

more

時代の流れと墓じまい

時代の流れで価値観が変化していくと、自分たちの所属する「家」についての概念や、一族が埋葬されるお墓に関する概念もどんどん変わっていくことになります。昔は子供のころから同じところに生まれ育ち、就職…

more